スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

つくる


ものをつくり、世におくり出す…
ある時は、商品であったり
芸術作品♪であったり

人がつくり出す

大勢でひとつのモノをつくり出す

創造、材料、技術を吟味
コンピューターでは判断できない、人のもつ経験、目や肌、耳で感じる繊細な感性…
そして、つくる情熱

それには何より、つくる人たちの。。。



昨日 仕事で自社商品に貼る、小売店オリジナルのラベル依頼が2件あった。

営業担当から、素材・画像イメージを伝えられ、そのイメージに合わせ、1つのラベルに見本を3~5つほど、作り提案する。
夕方、先方からOKが出たらしく、1件は決まった。
見本を3つ提案したところ、今回は修正もなく、3つとも使いたいとのお返事。
私は直接、先方とやり取りできないが、営業からOKをもらえる時が、ほっとする瞬間 ^。^;

たまに、直接 返事をもらえると、やりがいを感じさせてもらう。


自社商品は、製造からラベルまで、ほとんど人の手によって造り出されている。
それゆえに、人の和が保たれてないと出来ない。
数人だけが納得した最高のモノであっても、先方や消費者に受け入れてもらわなければ、ただの「ひとりよがりのこだわり」で終わってしまう。

また営業担当や社長、社員たちからの意向も考慮しないと、消費者まで届けられない。

そうした仲間たちの目指すモノへの気持ちを考えて、精進する…

私には まだまだ足りないとこだらけ
何度か、修正を施すこともある。

でも和を保ち、良いモノを、おくり出したい気持ちは持ち続けたい…

創造から、つくる工程… ひとつの作品になるまで
技術を身に付けた人材をもってしても、和がなければ、良いのモノは作れない。

人と技術が磨かれることへ つながる…


なんか偉そうなことを書いてしまった… ^^;

でも 実際 現場の方々から感じる率直な感想で

これは 商品に限らず、人がつくり出す全てのモノにおいて、当てはまることでは………と思うのでありました。




スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

ありがとうございます!
ミサハマさんから、そう言ってもらえると、込み上げるてくるものがあります。
中味の清酒を造る製造側はもっともっと苦労されています。

橋渡しという重要な任務(スペース)があってこそ、こうやって つくることが出来ます。
販売店さまは(製造側も)、お客様の信頼をお作りくださいませ。
^^; なーんて(笑)

ミサハマライブ では製造側ですよ♪(笑)
私は客になって ぜひ聴きたい ^^♪
  • 2006-11-15│08:31 |
  • あすも URL│
  • [edit]
いい話やなぁ~
売る側として・・・もっと頑張って売らないと!!

製造側の努力があってこそ、量販店はモノを
販売出来、お客様への橋渡しになれる。

販売側では何も作れない・・・うぅむ・・・。
  • 2006-11-14│22:50 |
  • ミサハマ6 URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

あすも

Author:あすも
緑と音楽♪ 和風好き☆彡

   * 明日萌 HP
あすもバナー


↓見てみてね 「‥) ドレドレ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 花ブログへ
 *

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。